女性管理人「まめ」が教える、女性がもっと本当に感じるセックスをするための気持ちいいひとりHのやり方

TOP > イク・絶頂・オーガズムと潮吹き > 女性器の仕組みと性感帯

女性器のしくみと性感帯(クリトリス)

またまた、まめの描いたへたっぴな画像が登場です。
こんなのしかなくて申し訳ないですが、参考にしていただけたら。。。

女性向けアダルト動画

恥丘(ビーナスの丘)と陰毛

恥丘(ちきゅう)とは、アンダーヘアが生えている盛り上がった部分のことです。
この、恥丘や陰毛自体が性感帯なわけではありませんが、このあたりをさわさわと優しくなでるのは興奮を高めるのに非常に効果的です。

焦らしながら愛撫するときに、大陰唇と同時に全体をなでてみてください。

性器全体

手のひらで性器全体を包むように覆い、手の温かみをしっかり感じながら揉んでみてください。
自分でしても、パートナーにしてもらってもいいです。

クリトリスや膣がやんわり刺激されますし、マッサージ効果で血流がよくなって、感じやすくなります。

ショーツの上から膣の入り口に人差し指・中指・薬指の三本を当て、膣の奥の恥骨へ向けてグッと押してください。
その時に、手のひらで恥丘をつかむ様にしてクリトリスにも刺激を与えます。

揉む様な感じで全体をマッサージすると、だんだん気持ちよくなってきますよ。

大陰唇

大陰唇を愛撫すると、焦らし効果があります。
大陰唇を刺激することでクリトリスや膣も間接的に刺激され、期待が膨らみ興奮します。

綺麗に脱毛して、舌でなめられると、とても気持ちいい場所です。
普段アンダーヘアで皮膚がかくれていますから、脱毛すると敏感に反応します。

小陰唇

このびらびらは、人によって大きさや厚さが大変異なる部分だと思います。
すごく小さい人もいれば、大きくだらんと垂れた人もいます。

どんなカタチであれ、吸ったり舌で舐めてやさしく刺激すると、クリトリスが引っ張られて大興奮です。

クリトリス

ひとりHの時のクリトリスの刺激の仕方は、記事:クリトリスでひとりHする方法 に詳しく掲載しています。

クリトリスは、比較的に誰でも簡単に気持ちよくなれる場所です。
できるだけ体を焦らして愛撫して、膣がうるうるに濡れた状態で愛液の滑りを利用して愛撫することをおすすめします。

尿道

尿道は、性感帯ではありませんが、M女などが調教される際にアナル同様、性感帯になることがあるようです。

膀胱炎や尿道炎になるとばかばかしいので、特に触れる必要はないと思います。

膣(Gスポット・ポルチオ)

膣で感じるための方法は、記事:膣で気持ちよくなる方法 に詳しく掲載しています。

膣の中は、Gスポットや裏Gスポット・ポルチオなど、様々な性感帯が存在します。

ですが、感じる部分が人それぞれで、とても個性がある場所だと思います。

基本的に膣は鈍感な場所で、最初から気持ちよくなれるわけではなく、普通はセックスやひとりえっちで開発されていき、気持ちよくなれる場所です。

勘違いされやすいのですが、膣は『こする』刺激が気持ちイイのではなく、膣壁が圧迫されることにより筋肉が押されて刺激され、気持ちよくなれるんです。

こするより、押すほうが効果的と言う事です。

肛門(アナル)

ここは、素人が手を出してはいけない領域だと思います。
開発したいのであれば、十分に知識を身に付けて、安全第一でしてください。

肛門を舐めるくらいは誰でもしますが、挿入となると、違います。
中は粘膜ですし排泄する器官ですから、安易に触ると病気の元ですよ。

挑戦したい場合は、よく調べてくださいね。


↑ PAGE TOP