女性管理人「まめ」が教える、女性器の性感帯(Gスポットとポルチオ)を画像つきで解説します。

TOP > イク・絶頂・オーガズムと潮吹き > 膣の性感帯・Gスポットとポルチオ

女性の膣の中の性感帯(Gスポットとポルチオ)

膣の中でも感じる場所があるのは誰もが知っている話だと思います。

一般的によく聞かれる膣内の性感帯と言えば、Gスポットとポルチオ性感帯ですよね。
そのほかにも、どうやら色々あるようなのですが・・・。


Gスポットの場所

サザンの歌にもある、マンピーのGスポット。
大変有名な場所ですが、医学的にはとてもあいまいな場所のようです。

画像にも記載しているGスポットの場所ですが、膣口から奥へ2~3cm入ったお腹側にあります。
恥骨があり、表面はざらざらしているのが特徴です。
指を入れた場合、中指を根本近くまで入れて、指先を曲げたあたりにあります。

場所は人によって多少の違いがあり、Gスポットのない女性もいると言われています。

Gスポットと言っても、クリトリスのように触ればだれでも感じるわけではなく、セックスやオナニーでの開発によって目覚める性感帯ですから、ここで気持ちよくなるには相応の訓練や経験が必要です。

Gスポットは、刺激されて気持ちよくなってくると膨らんできます。
そうすると、潮吹きが近づいてきた証拠です。

Gスポットはセックスやひとりエッチで経験を積んで開発されると、とても強い快感が得られ、ここで感じることができるようになれば、セックスの挿入でもかなり気持ちよくなることができます。

ひとりエッチの際には、必ず刺激をして開発するようにしましょう。
ただ挿入しているだけで、自然と開発されていきますので、場所がよく分からなくても大丈夫。
最初は気持ちいいと思えなくても、だんだんとなくてはならない存在へと変化していきますよ!


ポルチオの場所

ポルチオとは、子宮口のことで、ここが開発されるとGスポットなんて比じゃない、非常に強い快感を得ることができるそうです。
子宮の入り口ですから、膣の一番奥ですが、膣内はまっすぐなわけではないので、ただ奥を刺激すればいいというわけでもありません。
病院での検診の経験があれば分かるのですが、指を奥までいれて、さらに奥へ入れる感じで指を伸ばして押し込まなくては届きません。

でも指で届くんですから、ペニスでも届きますし、女性が感じてとても興奮すると、子宮は下りてきますから、そうするとさらに届きやすくなるでしょう。

ポルチオ開発は簡単ではありませんが、頑張れば可能なことです。

ただ、ポルチオ性感帯は「奥が好き」とか、「奥を突かれるのが気持ちイイ」というのとは違います。
それは、青でまるをしたポルチオの下が感じているんだと思います。
ポルチオは、突くより「押して揺さぶる」のがとても快感なのです。

女性が非常に気持ちよくなって最低1回はイキ、膣内はとろとろのふわふわになった状態でペニスを奥へ押し当てて子宮を揺らす感じで上下左右に揺らします。

ポルチオが開発されていれば、これで連続イキや失神までする女性がいます。

残念ながら、まめはまだそこまで開発されていないのでこれ以上のことが書けませんが、深く感じるセックスをしていれば、ポルチオで感じることはできるようになると思います。

ポルチオでの快感はとても深く、なんとも言えないとろけそうな感覚だそうです。
そして、連続オーガズムも体験できるとか!!
ここでイクことができれば、きっとすごい感覚が味わえるのだろうと思います!


第2.第3のGスポットと裏Gスポット

青でまるをした部分も、膣内の性感帯として知られています。

Gスポットのさらに上にあるのが第2のGスポットと言われる場所で、表面がつるつるしてくぼんでいるのが特徴です。
ここも多数の女性が感じる様で、指で刺激するには奥まで押し込まないと届きません。

奥が好き、という女性が開発されている部分だと思います。

そして、そのちょうど反対側にあるのが、第3のGスポットです。
バックで奥までが好きな人が開発されている性感帯だと思います。
ただ、この第2.第3のGスポットと言う呼び方は人それぞれのようで、決まった呼び名がないようなので、まめは加藤鷹さんの潮吹き講座を参考にしています。

そして、裏Gスポットは入り口から3~4cm入ったところのお尻側です。

これらの性感帯もGスポットもポルチオも、全てに言えることですが、膣内は鈍感なので、長期的な経験と開発によって気持ちよくなれるようになります。
今、全く感じなくても問題ありません。
そして、これらの場所が必ず感じられるようになるとも限りません。
人それぞれ、感じる場所や好みは違っているので、あくまで参考程度にしてくださいね。

カラダを開発するひとりHやセックスの経験を積んでいけば、いつかはかならずこれらのいずれかの場所で強く快感を得ることができるようになります。
それには、カラダを開発するひとりえっちが大切です。

時間はかかりますが、めげずにがんばりましょうね。


↑ PAGE TOP