女性管理人「まめ」が教える、女性のためのオルガズム講座。女性がセックスやひとりHでオルガズムを感じる方法。

TOP > イク・絶頂・オーガズムと潮吹き > 女性のオーガズム・イクとは

女性のオーガズムについて -オーガズムとは-

ここでは、「オーガズム=イク(絶頂)」と言う意味で解説しています。
オーガズムとは、オーガニズムやオルガズム・エクスタシーなど、色々な言い方があったり、意味も諸説ありますね。

まめの考えを中心に、オーガズムについて書いてみました。


女性のオーガズムとは

オーガズムとは、性的興奮が最高潮に達して絶頂感を得ること。
イク、ということ。

男性のオーガズムは、射精ですね。
女性の場合は膣の痙攣が起こります。

女性がオーガズムを感じると、膣が収縮と弛緩を規則的に繰り返し、全身に力が入ります。
徐々に興奮が冷めていき、快感の波が引いていきます。

強い快感を感じた時(イキそうな時)には、膣内がぎゅーっと締り、足に力が入ったりおしりに力が入ったりします。

オルガズムを感じ、イッタときには「イッたんだ」と言う事がわかります。
よく、これってイッタの?と聞かれることがありますが、それはたぶん、イク前に続く強い快感だと思います。
でも、まだ経験が浅い場合や開発途中の場合は、何だか中途半端な感じがすることもありますね。

初めてでもオーガズムを感じれば、ほとんどの場合分かるようです。

女性は一度オーガズムを感じることができれば、あとは経験でだんだんとイキやすくなるそうですよ。
ひとりエッチとセックスでどんどん感度を高めてイキやすいカラダを作り、気持ちいいオーガズムを体験しましょうね。


オーガズムを感じにくい女性

女性でオーガズムを感じにくいと思っている人の多くの問題は、精神面にあるようです。
セックスの時は相手があることですから、相手を気遣い、集中できなかったり不満があったり。

原因は様々ですが、心を開放して身も心もゆだねなければセックスでオーガズムを得ることは難しいでしょう。

また、心理的な要因のほかに、前戯不足も上げられます。
女性のカラダは、十分な前戯で徐々に興奮を高めていかなければいけません。

時間をかけて愛情をこめて前戯することでオーガズムが近づきます。
また、女性自身も気持ちイイ感情をセーブすることなく、全身で感じることが大切です。

あとは、精神的な治療のための薬を飲んでいるときや、疲労感が強いときもイキにくいようです。

イクためには集中できる環境と、心と体の健康が大切ですね。


女性のオーガズムの体験 -膣イキとクリイキ-

オーガズムを感じることをイクと表現します。
イクときの方法としては、一般的にクリトリスと膣がありますよね。

クリトリスでイッタときと膣でイッタ時は、快感の度合いが違うと言われています。

まめもそうですが、多くの場合、クリトリスより膣の方が深い快感を得られるようです
そしてさらに、膣奥のポルチオでイクことができるようになると、連続オーガズムを経験することができるようになるそう。

クリトリスでイクのは比較的簡単ですが、膣内でイクことやポルチオでイクのは訓練が必要ですから、焦らずゆっくり開発する必要があります。

クリトリスでイクことができるようになれば、是非、膣イキ(中イキ)にチャレンジしてほしいですね。
経験を重ねるごとに、膣イキも快感がどんどん深くなり、不思議な体験ができると思います。


女性向けアダルト動画

↑ PAGE TOP