女性管理人「まめ」が教える、女性のためのオーガズム講座。女性がもっと感じる気持ちいいセックスをする方法。

TOP > イク・絶頂・オーガズムと潮吹き > 性感帯を開発して感度を上げる

感じるセックスをするためにカラダの感度を上げる開発方法

女性が自身のカラダを感じやすく開発すると、セックスでもとても有利になります。
男性に喜ばれるのはもちろん、自分も受け身だけでなく、積極的になれますよね。

カラダを開発することは、セックスライフにいい影響があるだけでなく、イクということには精神面でもストレス緩和や幸福感など、とても大切な心の安定を与えてくれます。


女性向けアダルト動画

カラダを開発するということ

まめは、このサイト内で何度も同じことを書いているかもしれませんが、女性のカラダはひとりえっちやセックスでの経験や訓練でどんどん感じることができるようになります。

ですから、他人任せのセックスや気持ちよくなるだけのジャンキーなひとりえっちでは、本当の快感につながりません。

感じやすく、男性の愛撫でイケる女性は男性に喜ばれます。
単純に、男性は自分の手柄だと思うからです。

実際にどうであるかは別として、男性はそう思いたいのです。
だから、男性に気を使ってイクふりの演技なんてするくらいなら、頑張って練習して本気でイク方が彼も喜びますし、自分自身にもとてもいいですよね。

女性がイクことにおいて重要なのは、妄想力・集中力・体力・心の解放だとまめは思います(持論)。

女性はまず、脳をエッチモードに切り替えて、脳を興奮させなければいけません。
それは、妄想でもエッチな動画でも漫画でもいいですが、とにかく脳を興奮させるのです。

そして、次に自分のカラダに集中します。
気持ちイイ場所を探して、エッチなことに集中します。

特にセックスでは、「集中力がない」せいでイケないパターンがとても多いと思います。
ムダ毛とか臭いとか、セックスだと相手のあることなので、自分の自信のない部分が気になったり、相手を気遣うあまりに集中できなくなったり。

ひとりえっちは比較的集中しやすいですが、セックスとなるとなかなかですよね。
でも、自分を愛してくれる男性を信じて、心を開放して集中してください。

嫌われたくないなんて思わず心を開放して、エッチなことで頭をいっぱいにして、気持ちいいことだけを感じて、とにかく先へ先へと貪欲に快感を求めてください。

本気で感じるアナタを彼は嫌いになるでしょうか?
むしろ喜び、もっと愛してくれることと思いますよ。

イクことを身体がしっかり覚えるまでは、なかなかイケず、イクまでに時間がかかるので体力も必要です。
膣のトレーニングだけでなく、基本的な体力はつけておいた方がイキやすくなりますよ。


カラダを開発する方法

イクことを覚えても、まだまだその先があります。

膣の中は、経験を積めば積むほど開発されていきますから、ひとりえっちもセックスも、楽しみながら続けていきましょう。

開発のポイントは、気持ちイイと思う刺激と同時に、開発したい場所を刺激することです。

全てにおいて同じですが、脳に気持ちイイと言う事をインプットするのです。
そうすると、今まで気持ちよくなかったところが、ある時を境に、だんだんと感じるようになってきます。

例えば、乳首が全く感じない場合、クリトリスなど、自分が気持ちよくなれる場所と同時に刺激をします。
これをセックスやひとりえっちのたびにしていけば、必ず感じやすく変化するでしょう。
ただ、そうなるまでの時間は、一回や二回では無理ですよ。
根気よく、何度も何度もしてください。

まだ感じない膣を気持ちよく感じるまでに育て上げるには、大変な時間と努力が必要です。
記事:膣イキする方法に、詳しく書いてありますので参考にしてください。


↑ PAGE TOP