女性管理人「まめ」が教える女性のための膣圧確認方法

TOP > デリケートゾーンの手入れと膣トレの方法 > 自分の膣の力を知る

自分の膣の力を確認する方法

自分の膣力を知っていますか?
自分の膣が緩いのか、締まりがいいのか、一つずつ確認してみてね。


奇妙な恋のシェアハウス オンラインゲーム

膣周辺の力が弱い人にありがちな症状

以下の症状に思い当たる項目はありませんか?

出産を経験した
お風呂から出ると、膣からお湯がだらだら出てくる
セックスの時、空気が入りやすく音が出る
尿漏れがある
膣を締めるという感覚が分からない
おしっこをしているときに、途中で止めたり勢いを緩めることができない
セックスの挿入中に締めることができない

以上のような症状がある場合は、膣周辺の筋肉が弱っている可能性です。

しかし、これらの症状は、すべて膣周辺の筋肉を鍛えることで改善されますよ。

膣の筋肉は、不随意筋と言って、自分の意志では動かすことのできない筋肉でできているそうです。
ひとりえっちやセックスで絶頂を迎えたときにひくひくと痙攣するのがその筋肉でしょう。

鍛える筋肉は、膣周辺の筋肉で、色々あります。

尿道括約筋・肛門括約筋・肛門挙筋・PC筋・8の字筋など・・・。

最近とてもよく聞く名前なのが『骨盤底筋群』。
でも、それぞれの筋肉について、まめは専門的な知識があるわけではなく、あくまで自分で調べて実践した結果しかわかりませんから、医学的なことや専門的な説明は省きます。

専門的な内容が知りたい人は、検索してみましょう。

「出産でアソコがゆるくなる」の勘違い

よく、出産すると「膣が伸びてアソコがゆるくなる」とか、「締りが悪くなる」なんて聞きますよね。

あんなに大きな赤ちゃんんが通って出てくるのですから、そんな説がささやかれるのも無理ないと思います。

実際は、出産で一度膣は伸びますが、「伸びたせいでゆるくなる」ということはないようですよ。
妊娠・出産によって膣周辺の筋肉が衰えて、締める力がなくなってしまい、ゆるく感じるのだそう。

・・・と、言う事は、鍛えれば改善できると言う事です。

ちなみにまめは、2度の出産経験がありますが、トレーニングのおかげでとてもよく動き、良く締まる膣を持っていますよ♪

出産をしたので、膣が伸びて柔らかく、ふわふわの気持ちいい膣になりました。
出産をしたから・・・と諦める必要は全くありません。
出産をしたからこそなれる、気持ちのいい膣づくりをしてくださいね!
そのためには、開発と膣トレですよ!


自分の膣の力を確認する

自分の指を使って膣の力を確認する方法があります。
方法は簡単です。
一度、お風呂に入っているときやひとりえっちのときなどに試してみてください。

まず、肩幅に足を開き、立ちます。
指2本ほどを膣内へ挿入します。
肛門(膣)を締めるような感じで力を入れます。
この時に、指に少し圧を感じることができれば平均の膣力だそうです。

もし、指に全然圧力を感じることができない場合は、積極的に膣をトレーニングすることで、すぐにキュッと締まった膣を手に入れることができますよ。
逆に、ギュッと占める力を感じることができた人は・・・!彼も悶えるすばらしい膣力かもしれませんね♪

次ページで膣のトレーニングについて説明していきますね。


女性向けアダルト動画

↑ PAGE TOP