女性管理人「まめ」が教える、女性のためのデリケートゾーンの洗い方と膣洗浄について 

TOP > デリケートゾーンの手入れと膣トレの方法 > アソコのお手入れと膣洗浄の方法

デリケートゾーンのしくみと洗い方

女性器の洗い方を説明する前に、性器がどうなっているか知らなければちゃんと洗えませんよね。

本物の画像を使うわけにもいかないので、まめが描いてみました。
下手っぴですが、だいたいの仕組みは分かると思います。



デリケートゾーンの恥垢が溜まりやすい場所と洗い方

恥垢(ちこう)と言うのは、性器に溜まる白い垢(あか)のことです。
これは、体から出る垢ですから、男性でも女性でもあります。

これを放っておくと恥垢結石といって、石のように固くなります。

そこまで放置することは滅多にないと思いますが、恥垢は細菌の増殖のもとで匂いの原因にもなり、不潔ですから綺麗に洗わないといけませんね。

女性器で恥垢が溜まりやすい場所は、「大陰唇と小陰唇の間」と「小陰唇のびらびら部分」と「クリトリスと皮の間」だと思います。

まず、大陰唇と小陰唇の間は、指で石鹸の泡を使って優しくこすれば簡単に落とすことができると思います。
そして、小陰唇も、びらびらを延ばすように優しくこすることで綺麗になります。
この時、膣の中まで石鹸で洗わないようにしてください。
あくまでビラビラ部分を優しくなでるように洗います。

恥垢を気にしすぎて、爪などで強くこすって落とそうとすると、性器を傷つけてしまう恐れがあるので絶対にしないでくださいね。

白い垢を洗い落とせればいいのですから、目に見えない垢までを必死に取ってしまう必要は無いと思いますよ。

恥垢の溜まりやすい場所で一番取れにくいのがクリトリスとクリトリスの皮の間に溜まった恥垢ではないでしょうか。

これは、敏感なクリトリスを覆っている皮をめくり、普段隠れている部分をむき出しにして洗うので、慣れるまでは嫌な感じがあると思います。

でも、臭いがしたり、彼に幻滅されるよりいいですよね?
コツをつかんでしっかり洗いましょう。

まず、クリトリスの皮をおへその方へ引っ張る様に持ち上げます。
ウンチをするように少し気張ってみると、性器全体が盛り上がり、クリトリスも少し出てくると思います。
しっかりとクリトリスが顔を出したら、指で優しく丁寧に洗います。

この時、普通の石鹸で洗うと、肌の弱い人などはぴりぴりとした刺激を感じることがあります

敏感な粘膜ですから、デリケートゾーン専用ソープを使うか、お湯のみで洗う方がいいと思います。

また、出来る人は、シャワーを直接当ててみてください。
シャワーの水圧で面白いほど綺麗に取れていきます。

でも刺激に慣れていない人は痛いと感じるかもしれません。
様子を見ながらしてみてくださいね。


デリケートゾーンを洗う専用ソープ

デリケートゾーンの中でも、膣やクリトリスなどは粘膜でできています。
「普通の石鹸で洗うには刺激が強いけど、お湯だけでは不安」
「どうしても臭いが気になる」
「黒ずみをどうにかしたい」
という場合には、専用ソープを使ってみることをお勧めします。

画:Amazon   画:LC


デリケートゾーン専用ソープと言ってもたくさんの種類があり、それぞれ特徴や効果が違っていますので、自分に合った石鹸を探してみてはいかがでしょうか?


膣洗浄の方法(ビデ)

膣内を洗浄する方法として、ビデがあります。
トイレに設置されているビデは、膣の周辺を洗うもので、膣内を洗うことはできませんが、膣内を洗うためのビデと言うものが薬局などで販売されています。

  
画:Amazon

これらは主に、終わりかけのすっきしりしない生理を早く終わらせるためや、おりものの量が気になる時などに使用します。

膣内部は常在菌があり、自浄作用と言って自分で綺麗になろうとする力があります。

ですから、無理に指を入れて洗ったり、普通の石鹸で中まで洗うと細菌のバランスが崩れて、臭いや炎症のもとになってしまいます。

ビデも毎日のように使用するのはよくありませんが、生理後やおりものが多くなって不潔に感じるときなど、膣内をすっきり綺麗に洗いたいときには最適です。


次へ ⇒ 性病と病気

↑ PAGE TOP