女性管理人「まめ」が教える、女性向けの気持ちよくなるひとりエッチの方法 -女性がオナニーでイク方法・オーガムズを感じてイクためのオナニーのやり方(仕方)- 

TOP > ひとりエッチの方法 > ひとりエッチで注意すること

女性向けひとりえっちの注意点

ひとりえっちをすることはカラダに悪いことはなく、毎日したって大丈夫だそうです。
でも、間違ったひとりえっちは感度を下げて、イキにくいカラダを作ってしまいますから、注意が必要ですよ。


女性向けひとりエッチの注意 -強い刺激を与えること-

膣へ挿入した状態でイクことを続けていると、膣が開発されてきて、膣内でも気持ちいいと思える場所ができてくると思います。

まず、自分のカラダを刺激するときには、強い刺激より優しい弱い刺激でひとりえっちをしていきます。

すでにカラダが開発されている人や、「強い刺激でないとダメ!」という場合はそのままでもいいのですが、弱い刺激にも敏感に反応するカラダを作りたいのであれば、強い刺激は封印してください。

特に強い刺激を与える電マやバイブ。
これらは使わずに、自分の手で感じてください。

強い刺激でイクことに慣れてしまうと、弱い刺激では物足りなく、イクことができない鈍感なカラダになってしまいます。

『カラダ開発研究所』では、敏感で感じやすいカラダづくりを目的としたひとりえっちの方法を掲載していますので、マニアックな方には向いていないかもしれませんね。


女性向けひとりエッチの注意 -恥骨への刺激-

恥骨への強い圧迫や振動でイクようになった場合、それでないとなかなかイケなくなる可能性があります。

うつ伏せでひとりえっちをするのはそれほど問題ないですが、その時に恥骨へ強い圧力をかけるとか、電マで骨まで強く振動する刺激を与えるとか。
簡単で楽にイクことができるかもしれませんが、敏感なカラダの開発には繋がりません。

他の方法でイケなくなるのは、セックスでも随分不自由しますので、恥骨への強い刺激は、控えた方が良いでしょう。


女性向けひとりエッチの注意 -ひとりえっちでの愛撫するポイント-

とにかくやさしく、やさしく愛撫します。

特にクリトリスなんかはすごく敏感な部位ですから、腫れ物に触る様に触れてください。

特に初心者は、触れるか触れないかくらいの優しい刺激でも十分です。
敏感なカラダづくりには、時間と手間と愛情が必要ですよ。


DVD/CDレンタル

↑ PAGE TOP