女性管理人「まめ」が教える、女性向けの気持ちよくなるひとりエッチの方法 -女性がオナニーでイク方法・オーガムズを感じてイクためのオナニーのやり方(仕方)-

TOP > ひとりエッチの方法 > 自分を愛撫する方法

女性向けひとりエッチのやり方 -クリトリスや女性器の愛撫の仕方-

ひとりエッチ、したことがないけどしてみたい、少しはしたことがあるけどいまいちやりかたがわからない、そんな人はここを読んで試してみてね☆


女性向けアダルト動画

女性向けひとりエッチのやり方 -自分のカラダを愛撫する方法-

始める前に、まず、手は清潔ですか?
爪は切っていますか?
繊細な粘膜を触るので、不潔は厳禁ですよ!!

綺麗な手で、刺激していきます。


まず、頭の中を妄想でいっぱいにして(DVDや漫画を見たり)エッチな気分でもんもんとしてください。

カラダがじんわり反応してきたら、カラダを愛撫していきます。

自分の指は、大好きな彼の指だと思ってください。

布団やソファに横になり、リラックスして楽になれる体勢で始めます。

全裸でも、服を着ていても、どちらでもOK!!
自分の気分が高まって気持ちよくなれる状態にしましょう。

愛撫する場所は、胸や性器以外の性感帯です。

息を深く吸い、エロティックに吐き出しながら、首筋や腰、太ももなど、感じる部分を撫でて、気持ちを高めていきます。

特に、性器の周辺、乳首の周辺は念入りに愛撫してください。

指先で優しく、彼に愛撫されていると妄想しながら周辺を愛撫すると、ムズムズ触りたくてたまらなくなってきませんか?

自分でいっぱい焦らしてください。
じらしてじらして・・・ようやく乳首に触れます。

乳首が口に届くグラマーさんは、是非、舐めてください。

舌での刺激はとても感じます。

または、下着やシャツの上からこすったりつねったりするのもおすすめ。

直接触るのとは違った快感があります。

乳房も優しく揉みあげてください。
乳房は直接感じる部分ではありませんが、気分を上げて乳房を触ることで、セックスでも興奮する材料のひとつとなります。

乳首が感じない場合飛ばしてもいいですが、"エッチな気分で乳首や乳房を刺激する"と言う行為に意味がありますので、嫌じゃない限り、出来るだけ挑戦してみてください!

気持ちイイと思ったなら、吐息や声も少しずつ出していきましょう

自分の耳から、自分の声や吐息が聞こえることで、聴覚も刺激されます。

乳首を愛撫し、カラダも愛撫し、もうたまらなくなったら、性器に触れていきましょう。

でも!!まだ直接触ってはダメですよ。

ここでも焦らしながら触っていきます。



女性向けひとりエッチのやり方 -女性器(アソコ)全体やクリトリスを愛撫する方法-

女性器(アソコ)を刺激していきますが、すぐに直接触るわけではありません。
まずは焦らす意味も込めてですが、カラダの興奮を高めるために、間接的に触っていきます

手のひら全体で女性器を包み込むようにします。
手の平の暖かい体温が性器に伝わると、じんわりと気持ちいいですよね。

そのまま、揉む様に手を動かします。

指先で膣口付近を押したり揺らしたり、手の平の親指の付け根あたりでクリトリスあたりを圧迫したりゆすったり。

どんなふうにするのが気持ちいいか、色々試して感じてください。
慣れてくれば、自分の触り方(パターン)ができてくると思いますので、それまでは色々試してみることです。

彼のいる女性であれば、彼がするのと同じように触ると、セックスの時にも気持ちよくなりやすいですし、ひとりエッチでも気分が高まりやすいですよ。


次に、中指や人差し指で、クリトリスの部分をショーツの上からなぞるようにやさしく触れていきます

他には、
クリトリスの部分に指をあてて、押したりこすったりする。
クリトリスの横に、指を二本当ててクリトリスをはさみ、揺らして刺激する。
クリトリスをショーツの上からつまむ
クリトリスの周りを円を書くように撫でる。(焦らし)
爪を立ててカリカリとかく。(ショーツの上から!!)

自分が一番好きな方法を探してみてください。

どれも感度を高めて気持ちよくなれると思います。

興奮が高まってきたら、いよいよショーツの中へ!


ショーツは脱いでも、履いた状態で手を入れるだけでもOKですが、脱いでしまった方が足が開いて手が入れやすく、触りやすいと思います♪

ショーツの中へ手を入れても、まだ大事なポイントは触りません!

小陰唇(びらびら)をなぞったり引っ張ったり、膣口に力を入れて、ぱくぱくさせたり、陰毛をさわさわしたり、ここでも焦らしながら周りを愛撫してください。

色々試すと意外なポイントが見つかるかもしれませんよっ。


十分にカラダと性器を愛撫して、興奮が高まり愛液が出始めたら・・・次のステップへ進みましょう!

いよいよ、直接クリトリスを刺激していきますよ♪


↑ PAGE TOP